主人と離婚後、どこに住むか考えています。

主人と離婚に向けて話し合いをしております。離婚後の居住地について悩んでいます。

子供が1人おりますので、子供のサポートをお願いできる実家に居住することも考えておりますが、私の両親にあまり負担をかけたくないという気持ちもあります。

離婚後の住まいは、どこに住むかによって生活スタイルも費用も異なってまいりますので、とても大切な問題でございます。

下記に離婚後の住まいについて記載を致しました。ご参考くださいませ。

①今の住居に住む

  • メリット  生活環境が変わらないため、子供のストレスもかかりにくい。持ち家でローンが完済されていれば、住居費についても心配いらない。
  • デメリット 賃貸であれば、家賃の負担が大きくなる。持ち家でローンが残っている場合、ローンは名義人が払い続けることが必要。名義人変更は難しいことが多い。

②実家に戻る

  • メリット 安心感がある。家賃がかからない。子供の世話や家事のサポートをしてもらえる。
  • デメリット 生活スタイルや子育てに関する価値観の違い等によってトラブルが起きることがある。両親に収入がある場合は児童扶養手当を受けることができない場合もある。

③賃貸住宅を借りる

  • メリット 住みたい物件を選ぶことができる。(職場が近い、保育園が近い、実家が近い など)
  • デメリット 家賃の負担が大きくなる。入居時に保証人が必要になる。シングルマザーで仕事がパート等の場合は、入居審査が難しくなる場合もある。

④シェアハウスに住む

シングル向けシェアハウスには、保育園の送り迎えや子供の見守りサービス付きの施設もある。同じ境遇の仲間がいるので、安心感がある。

⑤公営住宅を借りる

  • メリット 家賃が安い。ひとり親世帯は抽選の当選確率が高い。
  • デメリット 募集期間が決まっている。抽選がある。
ユゲ

ご相談者様とお子様にとって、一番メリットの大きい居住地をご選択いただければと思います。

お気軽にお問い合わせください075-283-0689営業時間9:00~17:00
[土日・祝日除く]

メールでのお問い合わせはこちら メールは24時間受け付けております。お気軽にお問い合わせください